総量規制 例外

総量規制の例外について

札束を持つ女性

カードローンの中には総量規制対象のものと総量規制対象外のものがあります。総量規制対象になっているのは、消費者金融などの貸金業者が販売しているカードローンです。銀行のカードローンは総量規制対象外です。総量規制は消費者が多重債務に陥るのを防ぐために施行された規制で、貸金業者はカードローン等の申し込み者に対して、申し込み者の年収の3分の1までしか貸してはいけないというものです。この総量規制が施行されてから、今まで借り入れができていたのに、急に借り入れができなくなったという経験をされた方もいると思います。

 

この総量規制によれば、収入がない人は借り入れができないことになりますが、総量規制には例外があって、この例外が適用されれば、自分に収入がない専業主婦もカードローンに申し込むことができます。この例外というのは「配偶者と合わせた年収の3分の1までの貸し付け」が可能というものです。ですから、自分に全く収入がない専業主婦でも配偶者の年収の3分の1までなら借りられることになります。専業主婦がカードローンの契約をするには、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。ですから、ご主人に内緒では借りられないことになります。自分で勝手に同意書を作成すると私文書偽装になるので必ずご主人の同意を得てください。それから、借入額によっては配偶者の収入証明書の提出が必要になることもあります。

 

総量規制の例外としては、このほかに顧客に一歩的に有利となる借り換え、個人事業者に対する貸付などがあります。ですから、消費者金融のサイトを見ると貸金業法に基づく借り換えローンやおまとめローンというのがあるところがありますが、これらのローンは年収の3分の1までという縛りがありません。また、消費者金融に事業用ローンや商工ローンのビジネスローンなど個人事業者に対する貸付も、年収の3分の1を超えてもよいことになっています。

 

総量規制にはこのように例外があるので、専業主婦も借り入れができますし個人事業者も年収の3分の1を超える額を借りることができます。ただし、消費者金融は金利が高いので、事業資金に利用するのは慎重に検討する必要があります。また、専業主婦の方も、返済負担を軽減したいなら、消費者金融よりも、総量規制対象外の銀行のカードローンがおすすめです。それに、消費者金融には専業主婦を狙った闇金もありますが、銀行なら騙されることはありませんから、安心してお金を借りることができます。審査に特に不安がなければ、専業主婦も貸し付けをする銀行カードローンを検討してみてください。


このページの先頭へ戻る