カードローン 保証人

カードローンの保証人について

悩んでいる夫婦

カードローンはパートでもアルバイトでも申し込めて専業主婦が申し込めるところもあるので、人気のあるローンですね。ローンの中には、連帯保証人が必要なものもありますが、カードローンは保証人を立てる必要もありません。それで、保証人を探して必要書類を提出する必要もないので、手軽に利用できます。でも、保証人が必要ないなら、借りた人が返済できなくなった場合、金融機関はどうするのでしょうか?

 

ところで、金融機関のカードローンの申し込み条件のところを見ると、年齢制限が記載されていて、安定した職業があるということも条件になっていますが、それに加えて「当社指定の保証会社(○○株式会社)の保証を受けられるお客さま」という一文もありますね。担保・保証人の説明の欄に保証会社の名前がかかれていることもあります。つまり、カードローンの審査は、委託を受けた保証会社が行い、債務者が返済できなくなった場合は、この保証会社が金融機関に対して代わりに返済をします。それと同時に債務者から債務の回収も行います。銀行カードローンの保証会社になっているのは、三菱東京UFJ銀行のカードローンなら「アコム株式会社」、りそな銀行のクイックカードローンなら「りそなカード株式会社」です。

 

このようにカードローンは保証人が必要ありません。専業主婦が申し込む場合も保証人は要りません。ただ、専業主婦が消費者金融に申し込む場合は、配偶者の同意書が必要になります。また、婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出も必要です。保証人が要らないカードローンは、面倒がなくていいのですが、限度額は高くありません。専業主婦が申し込む場合は、銀行カードローンなら最高30万円まであるいは50万円までというところが多いですね。


このページの先頭へ戻る